2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ

« Lv上げの毎日 | トップページ | Fifth Stage »

2012年11月 7日 (水)

100匹狩り

更新頑張ります!
以前みたいな更新間隔に・・戻れないだろうなぁ。

■【PSP】SDガンダム GGENERATION OVER WORLD
ファイナルステージに突入。
Z、ブリッツ、デスティニー、ノワール、ガイア、クロスボーンX2、バンシィ、デスサイズヘル、デルタ、ここまでは揃えた。
スローネアインだけが開発リストに出てこない・・・orz
しかし、相変わらずサイコハロはぶっ壊れ性能だ・・・

■【MBGA】ガンダムカードコレクション
なんかナイトガンダム?のSR貰った。
ナイトガンダムのモバゲーでビンゴ揃えると貰えますね。
あまりの懐かしさにLv22くらいまでやり込んじゃったよw
SEEDイベの全ストーリーをなんとかクリアしてSRフリーダム貰った。
・・・が!裏ストーリーだとぉ?
クルーゼを30回MVPで撃破とか条件厳しすぎだろ・・・
URストライクIWSPが貰えるけど諦めた。

■【MBGA】頭文字D
やはり1000位という壁は越えられない・・・

■【Wii】ドラゴンクエストX~目覚めし五つの種族オンライン~
んじゃ頑張って更新するんで、昨日の出来事。
100匹狩りしながらレンジャー上げが今の主です。
ポーポリア地方の賢者の隠れ家を現在ターゲットとしているので、マッドルーパー狩りに決定。
Tenrou=テンロウ(イイ加減FF時代の名前からDQに変更)を連れて二人でやろうかなぁと思ったらブルーダーとニオも付いて来る事に。
人PTでやった方が効率はいいので大歓迎。
自分(レンジャーLv39)、テンロウ(武道家Lv45)、ブルーダー(パラディンLv32)、ニオ(僧侶Lv52)の構成。
単体だと294(+44)でしたかね。
たまに、ましょうぐもが付いて来るけどフバーハ掛けてれば問題無し。
ザラキは怖いけど・・・
スカイプで昔話しながら狩ってたら、気づけば100匹到達。
Lvも40に上がって満足。
今日はLv40の職業クエかな。

うーん・・ネタが無いので意識して100匹狩り始めた事でも。
種族が魚人だったので、ウェナ諸島から攻めました。
主にレンジャーのレベル上げついで。

●コルット地方
スライム:
いたる所にいるので記述不要だな。何気にあまり狩ってなかったのでツラかった。

モーモン:
コルット地方限定だが数も多い。

ドラキー:(未達成)
夜限定で木?の付近にいますね。
ねこまどうやりながら夜になったら優先的に狩ってたけど未達成。
常に沸いている場所もあるし、他の場所で夜なら現れるのでスルーしましたw

しましまキャット:
初期ボス?の洞窟付近にいますね。

ねこまどう:
レーナム緑野付近でやったが祈りの宿からシエラ巡礼地に向かう場所が効率いいかな?

スライムつむり:
浜辺の洞くつ行く途中の海岸沿いにいますね。

サンダーフロッグ:
ライノスキングと同じ場所にいるが数が少なすぎる。
オルフェア地方東でポポリアきのこ山へ向かう途中に結構いるのでテンロウと二人で狩りました。
さすがに低レベルのレンジャーじゃ厳しかったので50台の旅芸人で。
それでも面倒だった・・・

ライノスキング:
意識して狩る前にパラ槍PTで達成してました。
オススメはランドンフットですね。
捨てられた城でもいいけどベホマスライムが邪魔。

デンタザウルス:(未達成)
コルットでやるには数が少ないですね。
それに物理がほぼ効かない。
なので、ラニ大洞穴で覚醒イオラで狩りました。
バザックスと同じやり方だが、デンタザウルスの方が格下なので、覚醒魔法1人~2人程度OK。
宿遠いので、ちと面倒であるが・・・
100匹狩る前に自分の魔法使いがLv55になりカンストしてしまったため断念。
他の覚醒魔法使いに便乗するしか無いか?!

レンジャー:Lv39→Lv40

« Lv上げの毎日 | トップページ | Fifth Stage »

ガンダムカードコレクション」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

ドラゴンクエストX~目覚めし五つの種族オンライン~」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/93683/47759473

この記事へのトラックバック一覧です: 100匹狩り:

« Lv上げの毎日 | トップページ | Fifth Stage »